HOME | 施設情報 | 長生保育園
都留市
社会福祉法人 長生福祉会

長生保育園

認定こども園

保育目標は「自然の中で子ども五感をてます」

保育理念・保育方針

保育園の時代は、生涯にわたる生きる力の土台作りを行う大切な時期です。この土台となる力は、全身を使って十分に遊ぶ、その中で多くの事を経験し、学び、作られているものと考えています。そのような生活をここ長生保育園で十分にさせてあげたいと願い、保育者は、日々、保育や生活の仕方を工夫しています。言葉の出ない子どもには、言葉を教えて話せるようにする、絵を教えて上手に描けるようにしてあげる、そうではなくて、子どもたちが、誰かに伝えたくなるような体験、思いがあふれて描きたくなるような体験を積み重ねていくことを大切にしています。

 当たり前に自然に触れる毎日がここにはあります。

昭和27年、長生寺の住職の地域の子どもを育てたいという希望と檀家の方の協力により、山から木を伐り出して建てた保育所。それが当園の始まりです。平成18年には、高い天井、広い間口による開放感と無垢の檜木、杉による温かい雰囲気を持つ現園舎へと保育の場を移しました。また、令和24月より、保育所から幼保連携型認定こども園に移行し、保育・教育施設としてのスタートを切りました。
環境は変わっても、半世紀以上に渡り過ごした2000名近い園児が送り続ける毎日。ここでは、いつも自然と光と風が子どもたちを見守っています。変わってゆく時代に変わらない大切なこと。「子どもたちの健やかな成長」のために、生き生きと自分を伸ばせる場を作り続けます。

chosho_(6).jpg chosho_(3).jpg chosho_(2).jpg chosho_(4).jpg chosho_(5).jpg

長生保育園のアクセス

山梨県都留市下谷2954-3

https://www.choshohoikuen.jp
0554-45-0683
chosho@able.ocn.ne.jp
<種 別>
幼保連携型認定こども園
<定 員>
3歳未満児:35人
3歳以上児:70人
<職員数>
○名
 

その他事業

延長保育・一時預かり保育

 

姉妹園

 

 

園のホームページはこちら 

実習・ボランティア・園見学の受入状況

 実習
 ボランティア
 園見学

○・・・常時受入れ可
△・・・相談してください
×・・・現在対応できません

Q&A

子どもの主体性を育てるためにどのような考えを持って実践していますか?

子どもは教え込む存在ではなく、自ら学ぶ存在であることを念頭に置き、豊かな体験の場を提供しています。少し頑張れば、達成できる課題をさりげなく与えるところが保育者の腕の見せ所だと思っています。活動の主体は子どもたち。手を出しすぎず、口をはさみ過ぎず、子どもたちの力を信じて待ち、見守ります。子どもたちの持てる力を最大限に引き出すのが保育者の役割。どこまで手を貸し、言葉にするのかを見極めることが大切だと考えています。

これまでの保育の中で印象深いエピソードは。

陽の当たるデッキで靴を履いている2歳児クラスのAくん。Bくんが隣に座ると、何とも言えないいい笑顔で「今日はあったかいねえ。」と一言。そこへ風が吹くと、今度はBくんが、「風が気持ちいいねえ。」とにっこり。寒い日が続いた後のある小春日和のやり取りですが、聞いていた保育者は、こころまでぽっかぽかになりました。